keiokaBlog Written by keioka

【MUP】スキルをつける為のスキル(マインド編)

MUP College

どうも、keiokaです。

私が2020年4月に入学をして学んでいるMUPうさぎクラス(オンラインスクール)で学んだことをアウトプットしていきます。

今回は、【スキルをつける為のスキル】について自分なりにざっくりとまとめたものになります。

 

スキルをつける為のスキル(マインド)

石の上にも3年いるな!!

3ヶ月である程度のスキルはつく。
現代社会では、たくさんの情報がYouTubeやネット上にある。
お金をかけなくても情報は得ることができるし、学ぶこともできる。
石の上にも3年いる時間がもったいない。

 

希少価値が高い存在になる

自分の価値が上がるようにスキルを付ける必要がある。
その為には、その業界のスキルしか付けないのではダメで、自分の領域以外のスキルをつける必要がある。

(例)保育士さん
需要があり求められている存在なのに給料が低い。
100人に1人は保育士資格を持っていると言われている。

インターナショナルスクールの保育士さんの給料は高い
なぜなら、保育のスキル×語学のスキルを持っているから(価値が高くなる)

100×100の方式で1万人に1人の存在になる!
価値が上がる

自分は〇〇だと決めつけてはいけない。
自分は〇〇かもしれない、〇〇ができる〇〇だ、これが重要!!

 

本を読むな!!聴け!!

インプットは効率的に行う、非生産時間を使ってインプットを行う
非生産時間を生産時間にかえる

(例)
電車に乗っている時間、移動中、料理をしながら、掃除をしながら、運動しながら、 本を朗読してくれるアプリで聴く。(倍速も可能)

YouTubeなどで、本の解説を短時間でまとめている物もある。
活用できる物はたくさんある。

 

インプット = インプット × アウトプット

インプットだけして勉強した気になっている人が多い。
アウトプットしないと知識にならない。
人は2日経つと74%は忘れていると言われている。
何度も復習、アウトプットを繰り返し自分の知識にしていく。

 

最後に

MUPオンラインスクールにて学んだことのアウトプットになります。

今後こちらのブログにてアウトプットを投稿してきますのでよろしくお願いします。